スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事url | スポンサー広告 | ∧top | under∨

4月の思い出(1)

2009-05-26 Tue 00:32
ウィルコ

ウィルコとうちのダディがレッドシューズでJAMして遊びに行きました。
これまた最高のギグでした。
地の底で蠢いて脳天まで貫くような、ウィルコの声に感動!!

何を隠そう、LUCYがカールコードを使っているのはウィルコに憧れてですが、
まさか、まさか、ウィルコに私のカールコードを貸せる日が来るなんて夢にも思いません。
もう大興奮でありました。

それはちょうど桜が満開になった夜で、
その後、うちの近所の桜並木をみんなでずーと歩きました。
夜中のお寺。
門が閉まっているけれど、
そのお寺には奇怪な木があって、私はそれをウィルコに見せたかった。
それはそれは不思議な木なんだけど、
見せたら、やっぱりウィルコも、ウィルコの子達も夢中になってその木を見ていた。

そしたらお父さんが突然、
「あれは戦争の時の空爆でああなった木で、もう死んでいる。
死んでいるけど、こうやって生きている。」
と言った。
びっくりした。胸に突き刺さった。
その木の事を知っているお父さんにもビックリした。

なんか感覚が通じているような、不思議な暖かい気持ちに包まれて、
その後も桜を見ながらずーっとずーっと、道がなくなるまで、みんなで歩きました。
記事url | | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<姉首@Slap of Cemetery | LUCY DIARY | >>
この記事のコメント
この日は
急な告知で行けなかったんだけど、この記事を読んで、尚更観に行きたかったと思った。スゲーですわ(..;)
2009-05-27 Wed 23:40 | URL | 徳利 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| LUCY DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。