スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事url | スポンサー広告 | ∧top | under∨

2009-05-25 Mon 23:59
5月のある朝、愛しい庭に庭師が入った。

今は無き木々の威厳たるや・・まるでお庭のさらし首。
実質的なる被害。虫がいない!!
食い物にされた愛しいわが庭。

庭師はみんな海野和男の哲学と美観を知るべきだ。
こんな整然とした庭、全然美しくない。
紡ぐ虫の子を全部燃やしてしまった。
ああ、人間の感覚はいつだって気持ち悪い。
人間って気持ち悪い。

、、あの木の音が好きだったんだ。。
・・なんて今更。私のせいだって。それに信用してしまった。
哀れな芋虫。
ほんと、顔向けできない。
許しをこうて泣くだ。

後日談、私が平和ボケの最中、
一人だけ、木を切るなと文句を言いに来た人が居るという。
近所のヒステリーおばさん。
彼女の言ってる事は滅茶苦茶で、
道理が全くない上に権利ばかりを主張する金切り声(大)。
多分みんな嫌いなのだろう、悪い噂がたくさんあった。
でも、何の権利も持たない私には関係ない話でござい。
というか・・・私は以前、彼女が子供に歌っているのを聴いた事があるのだ。
昭和の歌と、言い知れない美しい声。壊れそう。
琴線に触れる。しばらく立ち尽くした。
なので、私は影ながら、彼女が好きだった。(というかファン)
今回の事でも、どうやら私とだけは気が合うみたい。
その話を聞いてめちゃくちゃ救われた。
まあでも、それも虚しく。

しばらく現実逃避していたけど、
こうなったら、畜生。出来る限りやってやろう。

海野先生!!オイラがんばるだ。
記事url | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<4月の思い出(1) | LUCY DIARY | 姉首特集のライブ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| LUCY DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。