スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事url | スポンサー広告 | ∧top | under∨

国際シンポジウム~海洋哺乳類~

2008-06-10 Tue 04:06
6/9(MON)
憧れの聖地、国立科学博物館の
”海に還った四肢動物の研究・最前線”の国際シンポジウムに参加!
鯨類についての世界の最新の発表!どひゃー
大興奮で上野へ行ってきただ!

1人目はオハイオから来た
ハンステービスン博士
陸上哺乳類から古代クジラに至るまでの進化を、めちゃくちゃ詳しく知る事ができた。
全部ノートにメモったどー!!やった!!
50億年前のヒマラヤ山脈を境に起こった地殻変動、
それで発生したクジラの祖先、ワクワクです!!

古代クジラはカワイルカに近いように感じて、とても燃えました。
音楽でいうとブルースを聴くとなぜか血沸き肉踊るような、
そんな力強い感覚を話だけなのに思う。
やはり原点に近ければ近いほどエネルギーに満ちているんでしょうか。

2人目は
ユアン・フォーダイス先生。
古代クジラから新生クジラになるまで、それはfieldが急激に広がった為、
困難な研究であることがよくわかった。
興味深かったのは地球の温度が低下した時期にぐんと進化が進んだのではないかという考察。はーん、環境ってやっぱり大きい。

3人目は
憧れの、国立科学博物館の山田格先生!
90年ぶりに新種と認定されたツノシマクジラの事(興奮!!)と
ニタリクジラの識別の難しさを知りました。
とても具体的で、面白い発表。
ココス島・ソロモン島で70年代に発見されていたにもかかわらず、
新種だと認めるまでにかかった歳月、なんだか科学者の方たちの苦労がうかがえた。
山田先生はとてつもなくカリスマな感じ。
鯨類の分類はやっぱり難しいんですね。
私はもっぱらアンソニーマーティン図鑑をバイブルにしてたんだけど。。

その後、会場で私の敬愛なるマッドサイエンティストS様とばったり!
ななな、なんと、さっき発表をされていた、かの山田格先生に紹介して頂きました。
なのに私ったら、緊張で縮こまってしまったーー!
色々聞きたかったのに!!のわぁぁ
突然だったので何か話したいばっかりに、
「せ、先生はクジラの座礁のネットワークを構築されてらっしゃるんですよね・・?」なんて聞いてしまった。
日本だけじゃなく、世界中を飛び回っているんだそう。
とにかく、S様本当にありがとうございました。。。

一般参加なので1日目(それも午前の部)しか参加できず
きっと一般にもわかり易い発表だったんでしょう、
もっと色々知りたかった!
それに、当日司会の甲能先生の発表も聞きたかったので、
とても残念・・。
記事url | | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<ヨルガオ | LUCY DIARY | a>>
この記事のコメント
Non Title
原点に近ければ近いほどエネルギーに満ちているっていうのわかる。人類の祖先の方のルーシー(エチオピアの)や、色々な化石にひかれるのもそれかも。
あと全体的な様子にすごい共感!!!おもしろそう!!
私も、シンポジウムや講演会に行ってみたいと思いました。
あとこの日記を読み、改めてルーシーは偉い人になるにちがいない、と思いました。すでにステキだけど!
2008-06-20 Fri 06:51 | URL | ヨクナ #9HcDRzpU[ 内容変更] | ∧top | under∨
Non Title
あはは!!この文章まともに読んでくれたのはヨクナだけだと思うよ(笑)
会いたいyo(ハート)
2008-06-20 Fri 19:54 | URL | LUCY #mQop/nM.[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| LUCY DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。