スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事url | スポンサー広告 | ∧top | under∨

Silvet

2008-04-24 Thu 06:32
(2006/12/4)

10年前の冬の日、
私の家に三角柱の真っ白な箱が届いた。

真っ白な箱は開けても真っ白、言葉も通じなかった

知らない言葉と景色の中で
ただただ立ち尽くしていたその目が
ひとりぼっちで
可愛くてしかたがなくて

抱きしめて眠った。

・・それは悪魔だったんだ。
私はすっかり魅了されてしまっていたんだ。
魔法にかかったみたいに。
そばにいたくて
毎日胸がときめいてときめいて、
どうでもいい瞬間なんて一度もない。

ずっと一緒にいたかった
私の恋人。

2人で何度も歩いたね
蒼天の下
真っ白な新雪の愛らしい足跡
はしゃいで笑う
空に溶けてしまいそうだった

Silvet
本当に空に溶けてしまった

愛らしいアーモンドアイもラットテイルも
今は高い空の中
柔らかい和毛
こんなに抱きしめたいのに!

・・

好きな言葉がある
イアラ

めぐりめぐる輪廻の中で もう一度あなたに出逢いたい


Silvet 
また寒い冬が来るね

抱きしめて寝よう。
今日も。明日も。
記事url | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<モモヨさんとTheatic×Alamode | LUCY DIARY | 初の関西ツアー1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| LUCY DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。