スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事url | スポンサー広告 | ∧top | under∨

鏡の国の吸血アリス

2008-04-28 Mon 06:51
(2007/1/19)
ワルプルギス 不思議の国のアリス テニエルの挿絵のアリス
明日は今年初めてのミラーズライブ@clubワルプルギスです。
タイトルがななななんと、
鏡の国の吸血アリス!
英題はALICE IN THE DARKSIDE MIRROR!たまりません。

アリスの物語に初めて出会ったのは幼い頃のDisneyのアニメでした。
(もちろん昔の吹替え、女王役のペギー葉山が最高!)
鏡の国のアリスとともに、いろんな翻訳の本も読みましたが、
やっぱりこれが、ルイスキャロルの哲学とメルヘンにクローズアップした点で一番いい解釈だと思います。
音楽も最高♪

お気に入りは、植物たちが歌いだすシーン。
「ユリさん、音をちょうだい」
「ラララララー・ミミミミミーボンッボボンボン・・」
蝶々がチューリップにキッス~♪
この歌が大好き。
それからイカれ帽子屋!きちがいお茶会のシーン。
「なんでもない日おめでと~♪」という、真逆の発想!
これは幼い頃の脳裏に焼きつき、こんなHAPPY人間になってしまいました。
影響を受けた言葉といえば、
チェシャ猫の「行きたい所がないならどこへ行っても一緒」という言葉。
おぉぉー衝撃。
水パイプで何かを吸っている芋虫おじさんは尋ねます。
「Who are you?」
あなたは誰?
キノコの端を食べると大きくなったり小さくなったり・・。
そんな問いを残し芋虫おじさんは蝶になって行ってしまいます。
白ウサギは早めた懐中時計を持って「遅刻する」と、ずっと焦っています。白ウサギの時計が早いから、ずっと遅刻なのです。
ルイスキャロルはアリスリデルをモデルに写真をよく撮ったそうですが(昔の写真は時間をかけて焼き付けるので、何分もじっとしていなくちゃいけなかった)それを面白がって、わざと1分づつ違う動きをして遊んだそうです。
それから、ルイスキャロルは狂気に対して尋常ならぬ好奇心があったそうで、精神病院を訪ねたりしていたそうです。
小さい頃見たアリスは、みんながキチガイで、嫌な事ばっかりおこる、でも面白くて続きが知りたくてたまらなくなる、という奇妙世界でした。
しかしまぁ、これだけキチガイばっかり出てくる童話は他に知りません。
1つ1つに意味がある、計算されつくしているのにメルヘン。
なんでこんな作品が作れるのでしょうか。
傑作だこりゃ。
ルイスキャロルはロジックやナンセンスの魔術師・・と言われていますが、
もちろんそういう部分もあるけど、あの時代で時を止めたただ一人の人で、メルヘンと時間の魔術師だと思う。
ちなみに写真はテニエルの絵で一番好きなもの。
ハンプティーダンプティー!

あれれ、ただの告知のつもりが熱くなってしまいました。
もうこんな時間!
さてさて、鏡の中の吸血アリス。
どんなアリスの宴になるのでしょうか。楽しみです。

2007年1月20日(Sat) 渋谷青い部屋
★CLUB WALPURGIS ★
 第17章: 鏡の中の吸血アリス"Alice In Darkside Mirror"
ホラーでキッチュなパンクアリスの宴
START 24:00 AM★ CLOSE 05:00 AM
★Adm 2300 yen + Drink 500 yen
DJ's★ Zinny Aerodinamica,Nariki,SATO M.
LIVE★ DARKSIDE MIRRORS (Guest Guitar : MOMOYO from LIZARD)
記事url | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<ワルプルギス | LUCY DIARY | Ramones rare medley!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| LUCY DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。