スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事url | スポンサー広告 | ∧top | under∨

十六夜

2008-09-13 Sat 11:40
夜の散歩 迷い迷って奥のほう。
潮時と 祭りの終わった神社 
真っ暗にぼんぼり ぬうっと浮かぶ。
連なって連なって奥のほう。

だあれもいない。

真ん中はお稲荷さまの通り道
踏んではいけない通り道
おそろしいから はじっこを通って 
おそるおそる、奥のほう。

ええ、あの夜は変な音など、

なにも、聞いていません。
なにも 鳴っていません。

あの夜の事は、すっかり忘れてしまいました。

それにしても、今日はなんて、
夕顔の花に似て 美しい月夜でしょう。

今日から六つの真んまるいお月様が、浮かんで、落ちて、消える。
その いざよいの夜に、
私の耳と目を塞いで、
手を引いて、あの神社へ連れて行ってください。

また花が咲いて 実が落ちて 朽ちて 土に還る
夕顔のような月が欠けゆく

そんな、十六夜の夜に 
記事url | | トラックバック:0 | ∧top | under∨

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| LUCY DIARY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。